外断熱について知ろう


「外断熱」は、建物の外側を断熱材ですっぽりくるむものです。壁の温度はほぼ室温と同じになり結露がおきないとか、コンクリートを保護し、建物が長持ちするといったことから、話題になっているようです。断熱性に優れるうえに住まいの健康を保ち、老朽化も防いでくれるのですから、資産性においてもメリットのある工法といえます。ただし、外断熱なら何でもいいわけではありません。住戸内にアルミ製フレームのサッシを使っていると、そこに結露が生じやすくなりますし、外廊下やバルコニーのある下北沢の賃貸や学芸大学の賃貸マンションでは、そこから放熱してしまい、せっかくの外断熱の効果を発揮できません。理想的な外断熱の工法としては、樹脂製のサッシを用い、内廊下であること。建物の外側の出っ張りも、エネルギー効率を考えるとなくしたほうがいいのですが、日本人はバルコニー好きですから、そう簡単に解決できないでしょう。今後は、東京賃貸マンションの断熱性と資産性について、つくり手側とユーザー側の両方の意識を変えていく必要があるかもしれません。断熱効果と同時に、結露をいかに防止するかにも配慮が必要です。不動産売却のUSPEC

pick up

Copy Right マンションの設備を知ろう Co.,Ltd. Since 2011
Design by テンプレート工房TAKE